忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

UAE遠征もちょうど半分。

去年と違い、
こちらに来てもウェイトトレーニングを続けています。

その分ランニングが出来ていないので、
しんどいけど、今週からはランニングも加えていきます。

筋トレで去年も今年も先ず始めに目指したのは、
体重が増えてもいいから、
Maxを伸ばすこと。
それによって次の筋持久系の段階に進んだときに、
重りを軽く感じる=何回でもできる気がするから。

まぁこれは結局どんな重さでも10回越えると辛いので、
上の計算式は75%くらい正解というところ。

去年出来たのはこの筋持久まで。
今年はもう一段階上げてパワー系。
持久が重さx回数なのに対して、
距離x重さx時間=仕事量といったイメージのトレーニング。

まぁ辛い。
休む時間が決まっているので始まるとすぐ終わるんですが、
気持ちが辛い。
手も辛い。
いつも決められたセット数を出来ずに終わるんですが、
その終わりを決めるのが、
もう握力が重りを持っていられなくなるから。
でもまぁやってます。

始めに「体重は気にしない」と言ったけど、
やっぱりボートに対して、
また自分に対して適正体重って言うものがあると僕は思っているので、
今シーズン一番重い体重だとパワーはあっても速く動けない。
いや、速く動けても早く漕げない。
ちなみにこっちに来る直前が75kg。
去年は76kg。
この体重、僕の競技じゃあ標準より大きな選手だと思います。
僕は身長172cmでごくごく標準的な体型です。

で、こっちに来て3週間経って現在の体重72kg弱。
僕が感じる自分の適正体重が71kg~71.5kgなので、
ちょっと早い仕上がりでかなわんな。といった感じです。

その一方でウェイトトレーニングはどうなのかと言うと、
重さに慣れている、
動きが上手くなっているということで、
概ね一緒の数値を維持できています。
懸垂は体重軽い分いつもより重い重りでも上がっちゃいます。

1,体重を上げてでも筋力をつける
2,体重を落とす
3,筋力はそのまま

これはひとつ、自分のゴールでした。
もう、=カヌーが早く漕げる。
漕げないわけないのです。
フィジカル=タイムじゃないところが
カヌーの素晴らしいところなので、
筋トレの成果は鵜呑みには出来ませんが、
そのフィジカル以外のものを補うためにここに来ています。
やはり、この冬のトレーニング、
順調に進んでいます。

筋トレはひとつのゴールを迎えました。
これでまた次のステップに進めます。
まだ到達したことのない未知の領域です。
そしてそれにはゴールはありません。
今でやっと標準的なフィジカル。
そう思って精進します。

順調に進んでいます。



PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[03/13 ドルチェ&ガッバーナ コピー 激安]
[02/17 ビジネスシューズ コピー]
[02/07 シュプリーム tシャツ]
[02/01 carissaKa]
[01/29 バレンシアガ スーパーコピー]
最新TB
プロフィール
HN:
金谷 徹
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1986/12/25
職業:
Pro Canoe Slalom Athlete
趣味:
マンガ
自己紹介:
ちゃうねん。
カヌーやなくてカヤックやねん。
別にどっちゃでもええけど。
レジャーちゃうで。
プロやねん。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) トールがとーる All Rights Reserved