忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皇帝Peter KAUZER(スロベニア)と2018年世界選手権2位のJiri Prskavic(チェコ)がデザインしたVajda社のSALTO3。
この2人はサルト2には乗り換えなかったので、サルトからの進化です。
サルト2感想

サルトとの大きな違いはボリューム感。
サルトのコックピットの後ろは凹んでますが、この凹みは500mlくらいの容量があります。
その凹みをなくし、更にカサ増ししてるので後ろのボリュームはかなり大きいです。
前も先端下部とコックピット前下部、デッキがボリュームアップしていて、少しもっさりした外観です。

乗り味は全体のボリュームがアップしたことで物理的に浮いているので静水でダッシュするとサルト、サルト2より早いです。
50秒で1秒くらい早いです。
ボリュームアップして壁が立った分、サルトの横滑りは軽減されてると思います。
前の大きさはサルト2も浮力があったのでそこまで感じませんが、後ろはかなり感じます。
後ろをしっかり水中に入れられるとその分すごい力を得られますが、なにせデカいですから、後ろを水中に入れるのに力が要ります。
なのでサイズ選びはかなり重要です。
僕で体重73kg前後でLサイズで少し大きいと感じています。

サルトからサルト2、サルト3を乗ってみて思うのは小柄な男子や女子、とにかく簡単なボートがいい人はサルト、その中でも力が強い、テクニックに自信がある人はサルト2、
65-68kg以上でパワーがある男子はサルト3がオススメです。
サルト3の方がサルトより僕ら大きめの男子は気を遣わなくていいので僕にはかなり楽チンで合ったボートです。
PR
HOMENext ≫
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[03/13 ドルチェ&ガッバーナ コピー 激安]
[02/17 ビジネスシューズ コピー]
[02/07 シュプリーム tシャツ]
[02/01 carissaKa]
[01/29 バレンシアガ スーパーコピー]
最新TB
プロフィール
HN:
金谷 徹
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1986/12/25
職業:
Pro Canoe Slalom Athlete
趣味:
マンガ
自己紹介:
ちゃうねん。
カヌーやなくてカヤックやねん。
別にどっちゃでもええけど。
レジャーちゃうで。
プロやねん。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) トールがとーる All Rights Reserved