忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

目のトレーニングをしています。
カヌーへの成果が見えにくい割に、継続しないとすぐ落ちる要素。
それを「入力系」のトレーニングと呼んでいます。
また入力した情報を処理して「出力」するhand-eyeトレーニングなども合わせてしています。

この「入力・出力」は、目のトレーニングだけでなく、何にでも言えることで、
カヌーも力を出すことで動かしていて、
その操作には目で見たもの、耳で聞いたものなど、
自分の中にinputした、入力した情報を基に出力、outputしていると言えると思います。

カヌーを人に教わるのも情報を入力していると言えます。
逆に教えるのは情報を出力していると言えます。

昨日今日と萌明幼児館の小島兄弟を中心に人に情報を出力しながら練習しました。
もちろん、一人で練習している時より時間がかかるので、
練習の量としては減ったかも知れません。
じゃあ練習の質はどうか。
嬉しいことに、教わる方から出力される情報もあって、
逆に僕が教わるということもあったのですが、
僕が持っている情報を一旦出力することで、
その情報が整理され、無駄が省かれて改善され、
更には新しい発見・情報を伴って自分に帰ってくる、入力されるという経験をしました。

福沢諭吉のことばがそのまま「情報」にも置き換えられます。
「情報」は風呂桶のお湯のようなもの。
こっちにこーいって掻き集めようとすると、どんどんあっちに行ってしまう。
ちょっとだけなら手にすくって留めることが出来る。
あっちにいけーってやると、大きな波となって帰ってくる。

自分が海外遠征などで得た情報を自分の中に留めておくことも出来るけど、
それをどんどん広めることで、質を上げて帰ってきてくれる。
そういう片鱗を見ました。

僕は今、周りを観て勉強して、一人でそれを考えて練習することが多いので、
その情報全部を試すことが出来ない分、その善し悪しを自分で判断しないといけないので、
その情報の質というのが僕の成長には大きな鍵になっています。

今回、僕が出した情報が、また彼らやその周りの人たちの中で、
磨かれて、更に質の高い情報となって帰ってくることを楽しみにしています。


PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[03/13 ドルチェ&ガッバーナ コピー 激安]
[02/17 ビジネスシューズ コピー]
[02/07 シュプリーム tシャツ]
[02/01 carissaKa]
[01/29 バレンシアガ スーパーコピー]
最新TB
プロフィール
HN:
金谷 徹
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1986/12/25
職業:
Pro Canoe Slalom Athlete
趣味:
マンガ
自己紹介:
ちゃうねん。
カヌーやなくてカヤックやねん。
別にどっちゃでもええけど。
レジャーちゃうで。
プロやねん。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) トールがとーる All Rights Reserved