忍者ブログ
夢の様な2週間だった。

どうしてこの大会に参加しようと思ったか、
普段なら絶対しない様なこと、
それはいつもの思いつきとしか言いようがない。
何かが心に引っかかったから。
後からもっともらしい理由をつけてみると、
渇水で寒い日本で漕ぐより、
暖かいところの激流で漕いだ方がトレーニングになるから、
賞金が出るので遠征費を稼いでこよう、
今しか出来ない、
今の身体能力、技術じゃないと出来ない事だから、
それは周りを納得させるというより、
自分自身を納得させる理由。

会場はgoogle mapでも出て来ないインドネシア北スマトラ島tannga村、Asahan川。
公共交通機関でそこに辿り着く方法はない。
空港からほんの少し高速道路を走ったら、
スラムかと勘違いするほど雰囲気のある街を抜け、
ゴムの木の林を抜け、
巨大なカルデラ湖を通過し、
熱帯雨林の、その中にその村はある。
信号ねぇ、水道ねぇ、医者?いるわけねぇ。
この国は何歳からバイク運転できるの?
ヘルメットは?
バイクって4人で乗って良かったっけ?

そんな規格外の村に、規格外のジャングル、規格外の川。

川は今まで漕いだ中で色々最大。
到着して3日間は自分がこの川では死なないという事がわからず、
スタート前の心拍数はスラロームの試合前より遥かに高い130以上。
前を漕いでくれる友達に必死に食らいつく毎日でした。

毎朝、朝食の前に「漕ぎに行くよー」
「ほな行くわー」
昼食べて、「また行くよー」
「ほな行くわー」
そんな生活。
波の大きさや、ボートになんとなく慣れてきて新しい早いラインを探している時は面白かった。
見つけたと思ったら目の前に急に巨大なホールが出てきて何も出来ずに只々縦チンしたり。

カヤックのレースの前にはラフトにも即席チームで参加しました。
まあこれはみんなマジメにやったけどお遊びの域を脱しないレベルでした。

カヤック最初の種目はダウンリバー。
全長4km弱という距離をたった11分程で下っていく。
落差は全体で80mくらい。
全長400mで落差10m位のスラロームでは最大規模のコースをその10倍の距離を下っていく。
練習の時は何人かで下っていくけど、
試合の時はレスキューは各所にいても、
基本1人。
それが一番不安で怖い。
試練は最大の難所:通称「rabbit hole 」をクリアした後に急に訪れた。
練習の時は少し大回りして気にしていなかったところを、
レース中は少しラインを削って小回りした。
練習の時にチェックしてなかった大きなホールが急に現れた。
先ずは侵入するときに踏み切って飛んでみる。
抜けない。ピタッと止まった。
この時はスピードが止まった位にしか思っていなかった。
前でしっかりキャッチしても、ハマったホールから抜けない。
そのまま上流に引きずり込まれる。
水圧が強過ぎてロールの体勢が取れない。
コケても完全にホールにハマっていることが理解できた。
僕ホールの中じゃロール出来ないんす。
どうする?チャレンジするか?抜けるのを待つか?
運良く抜けたことを感じ、一度息継ぎしてから起き上がる。
ホールにハマってからここまで15秒弱。
水中にいたのは10秒ほど。
本気で泳ぐかと思った。
この川、ボートに乗っている限り死なないけど、
泳いだら無傷では済まない事は容易に想像できる。
残り半分も立て直して頑張ったけど、
ホールに揉まれたタイムロスと、
それが後半の漕ぎにも影響し、
11位でゴール。
ゴールした時、
正直、泳がなくて済んだことが一番嬉しかった。

次の種目はスラローム。
コースは少し下流で、スタートは滑り台スタート。
スタートで気負い過ぎた。
気合十分に飛び出したことで滑り台の最中にボートが回転し始め、横向きで着水したせいで滑り台の勢いを完全に殺してしまった。
成績は5位。
スタートの失敗、
またボートがスラ艇と同じ動きをしないということを10日経ってもイマイチ理解していなかった。

最後の種目は4艇同時で滑り台スタートのボータークロス。
誰が一番にゴールするかというシンプルなもの。
自分より体の大きな欧米人とバチバチぶつかり合うけど、
激流を下る経験値とその中でラインを読む経験値は劣っていても、
持ってる漕力とフィジカルに関しては絶対負けない自信があった。
ボータークロスの良いところは、
別にラインを覚えなくても、誰かの後ろについていってゴールするまでに抜けばいいところ。
あんまり経験の差が出ないところ。
前日のスタートの反省がフルに活かされ、
成績は2位でした。
最後の最後で友達の体にボートをぶつければ1位になれたかも知れないけど、
ルール内であっても、やっぱりこれが本業じゃないから怪我させるわけにもいかないし、
最後は優しさが出ちゃいました。
まぁなんとか、わざわざ行った面目が立つ成績でした。

こういった大会に出るのに圧倒的に川下りの経験が足りないこと、
この種類のボートでそれ専用の練習がいること、
特にいつもの倍以上の重さのボートを動かすのに体幹が足りない、
これはスラロームボートでは露呈し難いけど、同じことは起こっているはず。
その辺を痛感しました。

世界は広いなと。
スラロームの選手以外でこんなに早い奴がいるのかと。
またこういう大会に参加するかと聞かれると、
今回のコースのように死なないような川なら、、、
もしかしたら、、、くらいだけど、
やってみて本当に良かったと思える経験でした。

多少ホールに揉まれても、
ボータークロスで思いっきりぶつかられても、
みんなが体調崩してる中そこそこの体調を保てたこと、
丈夫な身体に感謝。
慣れるまで付き添ってくれたスラロームの友達に感謝。
右も左も分からない日本人に優しく接してくれた全選手に感謝。
どこの誰かわからない日本人を快く迎え入れてくれたオーガナイザーに感謝。
感謝。感謝です。
PR
久しぶりの投稿が皆さまへのいい報告で嬉しいです!
ロ〜プ〜でク〜イ〜な用事があって、
MsPLUS様に相談に乗っていただいたところ、
快くGoProをサポートしていただけることになりました!
アクションカム、ウェアラブルカメラと聞いたら一番に頭に浮かぶであろうGoProは、
発想一つで無限の撮り方、使い方があります。
今まで作った動画の経験も活かして、
更に面白い、楽しい動画を作っていきます!
今日のジャパンカップ、
男子K1が大体70人出場で、
そのうちA決勝に進めるかどうかのラインにいる選手が予選9-15位くらいの選手でしょうか。
7/70人、予選漕ぐ人の10%にしか予選の意味がないように思えます。
これ全体の出場者が30人なら7/30で23%、、、
人が増えれば増えるだけ、
予選に絡む割合が減っていく反比例。。。

僕は今回のジャパンカップは決勝のために、
予選は良く言えば「安全」に、
悪く言えば「手を抜いて」漕ぎました。
それは「戦略」だから、
誰かに文句言われるアレはないけど、
トップのそういった空気、
どうせA決勝に進めないんだからという空気、
それは絶対、ジュニアにも感染してるし、
試合全体の予選の空気は実況も含めかなり緩いと感じました。
それはこれからこの競技を観にきてくれる観客にも絶対伝わる。

エントリー代が6000円、
宿泊代、交通費足したら
軽く2万3万飛んでいくのに、
大会運営の経費や労力も考えたらカヌー全体で膨大な額を使うのに、
大部分の人が本気で漕ぐのは決勝の1本だけ。
強い選手がいっぱい出場してそのクオリティが高いにしたって、
コースが良くたって、
運営が良くたって、
たった1本しかその本気で漕ぐチャンスがないのって勿体なくないですか?

昔みたいに2本とも本気で漕がせるために2本合計のジャパンカップがあってもいいだろうし、
前日の中部選手権のように2本1採の方が締まりがあったのは間違いない。
前回の投稿の案でS決勝C決勝、
ジュニアの成績だけまた別に出してAB決勝があっても良いような程、ジュニアも多いし、
今回ジュニアが普通に3人A決勝に進んでるのを考えると、
1本目終わった段階でジュニアのA決勝何人でやるのか決めてもいいだろうし。
マスターズも同じようにやればいいと思う。
何をやるにせよ運営側の負担は増えちゃいますが。。。

どういった方針でこのルールになったのか、
ピラミッド型の強化がどんなものかわからないけど、
全体の10%にしか意味がない予選をやることが本当に強化、
この競技の日本での発展になっているのかな。

今日の決勝は本当に楽しかったけど、
予選は本当につまらんかった。
この記事の内容はあくまで1つの案であって、
特定の大会、人物を批判したり、
クオリティーペナルティー高い試合、低い試合だからどうこうという主旨ではないことをご理解の上、お読みください。

世界選手権、大陸選手権、オーストラリアオープンとかのICFランキングを決めるレースって早い選手がどれくらい出てるかっていうのでクオリティーペナルティーというものを付け、
それを加味してポイントがつきます。
なんかで昔読んだのは、
どういう試合で誰が出てるのかで決めるっぽかったので、
正確な情報が知りたい方はネットで調べてもらいたいんですけど、
要は強い選手が出てると出てないのじゃ同じ1位でも価値が違うだろっていうことだと思うんです。

さあ我が国日本の話。
ジャパンカップって今7戦あるので、
参加人数が少ないところもありますよね。
代表選考会も兼ねてるので前年度のNTが全員出る富山と、
NTがワールドカップに行ってる時のジャパンカップ、
同じ10位でも果たして同じなのか?
純粋に試合が楽しみで出た選手、
この大会は狙い目だと思ったことがある選手、
俺は本当はこいつより強い選手なのに、仕事やテストでジャパンカップに出られなかったぜと歯痒い思いをした選手もいると思います。

去年のジャパンカップにクオリティーペナルティーを導入して考えてみます。
代表選考会を兼ねていて前年度のNTや有力選手が全員出る第1戦が一番激戦だろうと仮定して、
その大会を基準に、
代表の選考ポイントをそのままクオリティーペナルティーにします。
例えば第1戦1位の選手が第2戦に参加しなかったら、
第2戦の1位のポイントは100-11で89点になり、
第1戦の2位の87点よりちょっと高いですね。
仮に10位までの選手が誰も出なかったら、100-56で第1戦25位くらいのポイントになります。
ここまで行くとちょっと違うかなとも思うのですが、
まあ参考なので、富山を下る勇気ということでいかがでしょう。
これを基に去年のK1のランキングを出してみました。
結果はこんな感じ。
jc2015 rankingダウンロード

クオリティーペナルティーの話とはずれるのですが、
A•B決勝になったことで上位、下位の選手は1本目を全力で漕ぐ意味が無くなったというのを耳にします。
どうでしょう?
1本目の成績で次のスタートリストは作ってくれているので、
S決勝C決勝(男子K1でS5人、A5-7人、B10人、以下C決勝)とかもうちょっと小分けにしてみては!

また、話は少しずれますが、
昨年から代表の選考は3ボート以内となっています。
今年3ボート選考されなかったカテゴリーが結構あって、
その理由の一つが差があり過ぎるから、ということが挙げられるようです。
ポイントが足りてても盲目的に3ボート選考しなかったのは、
しっかり選考したんだなと思うのですが、
選考されなかった側からしたら、
じゃあ一体どれくらいの差ならいいのかという疑問があるかと思います。
5秒差ならいいのか?
5/100と5/75じゃあ全然違いますよね。
どうでしょう?
昔みたいに%にしては。
選考委員会でしっかり選考されるなら、
やっぱり明確な基準がいるかと思います。
ジャパンカップランキングもクオリティーペナルティーと、
更にクオリティーペナルティー自体を%にすれば厳密なランキングが出るし、
ジャパンカップランキングの権威も更に上がって、
NHK杯のシード、代表選考会のシードに相応しいランキングになるのではないでしょうか。
今回は参考に2015年の男子K1のランキングでやってみましたが、
男子C1C2女子C1だと出てる人が大体一緒なので大した順位変動はないかも知れません。
女子K1は結構順位変動するかも知れません。

この記事を書いてみて、だからどう?ってわけではないのですが、
皆さんが何か新しいことを考える良いきっかけになれば嬉しいです。
駄文長文、失礼しました。
ということで、ご覧頂いた方はお分りいただけたかと思います。
頭に磁石でも付いてるのかってくらい、
ゲートが自分から離れて行きました。
大体3.5-4秒のロスです。
どちらにしても4番-5番でスタンがスライドしてホールをキャッチできず、
そこで1秒ロスがあるので、
せいぜい92秒くらいかと思います。

和也は風で揺れる縦ゲートを上手く処理していたので、
僕の場合は風というよりも、
ああいうことが起こるリスクを分散させるために事前の3本も選考になるルールだったのに、
そこであんまり良くなかったのが、
一番の敗因かと思います。

トレーニングの経過はいいのに、
それを試合結果で出せなかったので、
トレーニングを手伝ってくれるチームのメンバーには申し訳ないです。
この後もアジア選手権があるので、
そこまでは予定通りのトレーニングをして、
一旦このトレーニングを見直します。
上手くいけばそれに越したことはないけど、
上手くいかないのはその次に良い。
やってきた確かなことがあるから、
省みることは沢山ある。

Tokyo is not so far.


カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[03/13 ドルチェ&ガッバーナ コピー 激安]
[02/17 ビジネスシューズ コピー]
[02/07 シュプリーム tシャツ]
[02/01 carissaKa]
[01/29 バレンシアガ スーパーコピー]
最新TB
プロフィール
HN:
金谷 徹
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/12/25
職業:
Pro Canoe Slalom Athlete
趣味:
マンガ
自己紹介:
ちゃうねん。
カヌーやなくてカヤックやねん。
別にどっちゃでもええけど。
レジャーちゃうで。
プロやねん。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) トールがとーる All Rights Reserved