忍者ブログ
GWとその前合わせて1週間程、
富山に遠征していました。

トレーニングともう一つ大きな目的が、
NHK杯の後から乗り換えた『COPA』に慣れること。
そのために大きな流れや、ホール、静水、いろいろな場所で漕いでみる必要があります。

ということで、今日は『Matrix』と比べての『COPA』の感想を書いてみようと思います。
一番最初に言えることは、僕はかなりいいボートだと思っています。

ボートのデザインが去年のワールドカップランキング1位と2位の
Sebastian SchubertとHannes Aigner。
シューベルトはVajdaのカプ2に乗ってたこともあるけど、
アイグナーはG1の選手だし、二人とも昨シーズンはGalasport。
シューベルトがSonic boomでアイグナーはSonicでした。
この二つのボートはソニックのままがいいと言う選手もいれば、
ブームに乗る選手もいて、
世界シェア的には去年はGalasportが大半を占めていたように思います。
そんな二人が新しくデザインしたボートだから、Sonic系のボートが出来上がるかと思ったのですが、
(僕はGalasportの二つは試乗しただけなのであんまりわかっていない)
一応Matrix(Vajda)を元に作ったボートで、
僕が持っているSonic系の印象とは全然違うボートです。

そのボートの形状ほど、変わったボートではないと思います。
Matrixから乗り換えた僕にはとても乗り易いボートです。
Matrixと比べるとまずはスタンのエッジのコントロールがめちゃくちゃやりやすい。
ずーっと後ろを沈めて回ってられるような安定感があります。
そして、シートのすぐ後ろにボリュームがあるので前に出し易く、
バウにもボリュームがあるので波を超え易い。
横に壁があるせいか、左右のブレが軽減されています。

気をつけないといけないと感じている点は、
乗り方の問題という意見もありますが、
僕は最近どのボート乗ってもそうだと思っているんですが、
内傾にすると全然良くない。
後ろにもボリュームがあるせいか、内傾したりすると、簡単に後ろに下がってしまいます。
前にボリュームがあるせいで、「ポンッポンッポンッ」とバウンドしだしたりするので、
それも気をつけないといけません。
スタンの切れがめちゃくちゃいいんで、どれくらい沈めるかというコントロールをしっかりしないといけません。
この辺は、どのボートに乗っても気をつけないといけない点ですね。

最後にもう一つ、
ダクトの効果があるんではないかと憶測がある『Smart Pump』。
ダクト云々じゃなく、水抜きとして、
ボートの構造にマイナスになる点がないなら、絶対あった方がいいです。
僕のにはついてないんですが、ないと、止まっているときにスプレーカバーからボートにどんどん水が入ってきます。

すごい形に見えるけど、
動きはもっとすごい!
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[03/13 ドルチェ&ガッバーナ コピー 激安]
[02/17 ビジネスシューズ コピー]
[02/07 シュプリーム tシャツ]
[02/01 carissaKa]
[01/29 バレンシアガ スーパーコピー]
最新TB
プロフィール
HN:
金谷 徹
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/12/25
職業:
Pro Canoe Slalom Athlete
趣味:
マンガ
自己紹介:
ちゃうねん。
カヌーやなくてカヤックやねん。
別にどっちゃでもええけど。
レジャーちゃうで。
プロやねん。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) トールがとーる All Rights Reserved