忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサー・サポーターの皆様

本日、ロンドンで行われた世界選手権で日本人選手が見事、リオ五輪への枠を獲得しました。
それと同時に僕のリオ五輪への道は完全に途絶えてしまいました。
思い返せば、今までで一番いい冬のトレーニングシーズンを送ることができ、
心技体、その時点で最高の状態で日本代表選考会に臨むことができました。
しかし結果は代表落ちでした。
あの一瞬の、油断なのか、ミスなのか、はたまた水を相手にするスポーツの宿命か。
その一瞬から今日までのことが全て連鎖していたのではないかと思えます。
そういった負の鎖を断ち切るべくやってきましたが、
今年のヨーロッパでのシーズンを振り返ると、どのワールドカップも思っている水準で戦えず、
世界選手権でオリンピック枠を争うようなレベルまで自分を持っていけませんでした。
そのことについてリオ五輪を逃したことと同じくらい、不甲斐なく、
また、皆様に申し訳なく思います。

今回オリンピック枠を獲得した3人の選手、
各々が厳しい環境に直面しながら本当に見事でした。
ただでさえ険しかった道がさらに険しく、長く伸びたわけですが、
その道をまっすぐ歩いて行ってください。

リオ五輪への道が断たれてしまった選手達、
特に世界選手権まで駒を進めた選手のことを想うと、
自分のことのように複雑な気持ちになります。
ゴールしてうなだれる姿を見ると、こっちまで悲しくなってしまいました。
本当にお疲れ様でした。

さて、僕自身のことですが、
ご説明するのが少し難しいのですが、
今日、日本人選手が五輪の切符を手にしたことで、
僕が来シーズン、ワールドカップに出られる可能性は限りなくゼロになりました。

たくさんのパターンを考えたのですが、
まだ自分の中でも決めきれていないのですが、
皆様にはもしかしたら僕が今年のジャパンカップの最終戦に出ないということ許してもらいたいです。
トップ選手が出たら試合が盛り上がる、そういった責任が僕らにはある。
その意見に異論はないのですが、
今日の岐阜のA決勝、観てて面白かったでしょ?
何故か?って僕らが本気で漕いでるからだと思うんです。
悪天候で来年の富山がトラブったらどうするの?
4月の時点で、「投げ出してしまったら、そこで終わってしまう。」
そう背中を押してくれた人がいるのですが、
僕は競技以外のカヌースラロームの楽しみ方を知りません。
僕は出るからには1位を狙いたい。
ただ保険のように出るだけの試合を本気にはなれないし、
本気じゃない僕の漕ぎなんて誰にも観せたくないし、
そもそも僕の試合に出る意義がなくなってしまうと思います。
もうちょっとだけその保険と意義を天秤に掛けさせてください。

僕の目の前に和歌山国体があってよかった。
本気になってることがあってよかった。
他に考えが及ばないくらい全力を注げるものがあってよかった。
今はそれより先のことを考えたくありません。
今回の岐阜然り、
全てのベクトルは2週間後の国体に向かっています。
そういった戦いにこそ、やり甲斐や意義を感じています。
その先のことは、また2週間以降に相談、ご報告さしてもらいたいと思います。

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[03/13 ドルチェ&ガッバーナ コピー 激安]
[02/17 ビジネスシューズ コピー]
[02/07 シュプリーム tシャツ]
[02/01 carissaKa]
[01/29 バレンシアガ スーパーコピー]
最新TB
プロフィール
HN:
金谷 徹
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1986/12/25
職業:
Pro Canoe Slalom Athlete
趣味:
マンガ
自己紹介:
ちゃうねん。
カヌーやなくてカヤックやねん。
別にどっちゃでもええけど。
レジャーちゃうで。
プロやねん。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) トールがとーる All Rights Reserved